防水工事

防水工事とは、雨漏り防止の工事だけでなく、外壁や屋根の経年劣化・ひび割れ・亀裂・欠損の補修・修繕をおこない防水を高めるための塗装など様々な内容が含まれています。戸建て・アパート・マンションなどの建物の防水性を高めることが目的です。建物では、屋上やベランダを思い浮かべると思いますが、外壁や屋根の劣化により雨漏れすることがあります。湿気や雨水が侵入してきて、建物内部を劣化させていきます。劣化が進むと、土台や柱に使われている木材の腐食や鉄骨のサビの拡大につながり、建物の寿命を縮めてしまいます。劣化状況の確認をおこない、雨漏れする前に防水工事・雨漏り対策・塗り替えを検討することをおすすめします。

防水工事の必要性

家の外壁や屋根は、経年劣化や雨風によりひび割れや欠損などが発生し、そこから雨が建物内に侵入して腐食が進み建物の寿命が短くなります。
雨漏りと聞くと、見た目が古い家で起こるものだと思われているかも知れませんが決してそんなことはありません。屋上があるお家やベランダ・バルコニーがある部分、太陽光発電システムを屋根に設置しているお住まいでは雨漏りが発生しやすいので注意が必要です。

防水工事・雨漏り対策で注意が必要な屋上|外壁塗装・屋根塗装のことなら福岡市・糸島市のエコテックス

屋上

屋根が平らな陸屋根は、屋上として利用されるので勾配がほとんどありません。そのため、排水口が設置されていますが水が溜まりやすく雨漏りが発生しやすい場所です。

防水工事・雨漏り対策で注意が必要なベランダ・バルコニー|外壁塗装・屋根塗装のことなら福岡市・糸島市のエコテックス

ベランダ・バルコニー

比較的狭いスペースで壁と出入り口で囲まれているベランダやバルコニーに床は、日当たりが悪く水が溜まりやすく、風通りも悪いのでいつまでも乾燥しにくいため雨漏りが発生しやすしです。

防水工事・雨漏り対策で注意が必要な太陽光発電システム|外壁塗装・屋根塗装のことなら福岡市・糸島市のエコテックス

太陽光発電

太陽光発電システムを屋根に設置しているお家も多いと思いますが、実は設置後に雨漏りが起きたという事例も少なくりません。太陽光発電の設置業者であり、防水や建築については知らないため防水対策がされていなかったり、屋根を壊してそのまま放置しれている状態だったりすることがあります。

防水処理も経年劣化する

どんなにしっかりと防水処理しても、紫外線や雨水によって湿ったり乾燥したりを繰り返すことで、防水処理していても塗装や防水シートは傷み、ひび割れたり、剥がれたり、破れたりします。外壁や屋根と同じように防水処理も定期的にメンテンナスする必要があります。
下記のような状態を確認したら防水加工の劣化が進んでいるサインです。

  • 雨漏りが発生している箇所がある
  • 排水されず水が溜まっている
  • 防水シートの波打ちや浮き
  • 防水シートが破けたり裂けている
  • 外壁や床にひび割れがある
  • 雑草が生えている
  • 新築または前回の防水工事から10年以上経っている
雨漏りの原因になる排水口の亀裂・欠損|外壁塗装・屋根塗装のことなら福岡市・糸島市のエコテックス

雨漏りの原因特定は難しい

雨漏りを完全に止めるには、原因を究明してきちんとした処置をしないといけません。では、どんなところから雨漏りしてくるのでしょうか?

外壁が原因の雨漏り

屋根が原因の雨漏り

屋根と外壁の両方が原因の雨漏り

ベランダやバルコニーが原因の雨漏り

屋上が原因の雨漏り

水道が原因の雨漏り

などの箇所から雨漏りすることがあります。
雨漏りしている箇所を見つけるのは難しいことです。防水専門や塗装専門の職人や業者は、防水または塗装については専門でも建物については分からないことが多いです。そのため、ひび割れ部分や亀裂部分など、雨水が浸水していそうなところを塗ってお終いということが多いです。

「外側から塗り替えれば、雨漏りしないでしょ!」

と、思う方も多いと思います。でも、それは違います。「多分ここから雨水が入ってきているのでは…」ではダメなんです!しっかりと雨漏れしている箇所を特定し、内部の状態がどうなっているのかまで確認しないといけません。なぜなら、内部が腐食していたら外側をどれだけ綺麗にしても内部の腐食は進んでしまい、数年後にはまた外側にひび割れなどが発生することになります。なによりも、腐食が進むとお住まいの安全も脅かしかねません。

防水工事や外壁塗装・屋根塗装も含めて、不良箇所を見つけたら塗装職人と大工や建築に詳しい職人で再度、現地調査をおこない必要があれば内部を確認するなど点検する必要があります。エコテックスは、リフォームや太陽光発電の設置なども含めたお住まいのことなら何でも対応してきました。その経験からハウスメーカーも原因究明できなかった事案を当社が究明した実績もあります。

防水の種類

主な用途特長
ウレタン防水 屋根・屋上 下地に塗ることで防水層を形成
複雑な形状でも施工可能
シート防水(ゴム・塩ビ) 屋根・屋上 接着剤などで下地に貼って防水
下地が平らな箇所で使用する
FRP防水 ベランダ
バルコニー
強度が高く耐久性に優れている
耐水・耐食・耐候性に優れている
アスファルト防水 広い屋根・屋上 合成繊維不織布にアスファルトを
含ませコーティングしたシートを貼る

防水工事のメリット

外壁や屋根の塗り替えも重要なことですが、外壁や屋根のひび割れやコーキング(シーリング)の亀裂から雨水が内部に侵入することもあります。内部に雨水が入ってくると内部の木材や鉄骨が腐食します。腐食すると建物の安全性が低下します。定期的に防水処理をすることで建物の案税を確保することができます。

  • 建物の耐久性を高める
  • 建物の耐水性を高める
  • 建物の寿命を伸ばす
  • 雨漏りなどの被害を改善できる
Scroll to Top

お問い合わせは
こちら